2008年12月31日

「間違ったタイトルの付け方」の例を紹介します

今日は今年2008年最後の日、大晦日。
あなたはどうこの日を過ごしますか?
私は今年1年を振り返り、来年2009年に向けての
抱負をいろいろと考えたいと思います。
では、みなさま良いお年を・・・。

★☆-----------------------------------------------------☆★
この不況を乗り切るために今すぐ手を打つべきです!
初心者でも可能な本物の不労収入、
本物のネット資産を得るために↓
eBookSecret ネットビジネス第3市場
★☆-----------------------------------------------------☆★


昨日は、トップページは必要最低限のもの意外は
置かないようにしましょう。

という内容でした。

トップページをシンプルにすることは、
訪問者にとって見やすいページ作りを
心がけるということです。


ここを注意すれば、大きな失敗はしないので
大丈夫だと思います。



今日はそのトップページで一番大事な

「タイトル」

についてです。

「タイトル」はいわば、あなたの名前と同じです。
一度つけたら変更できない!くらいの感覚で
タイトルを考えてください。

なぜなら、タイトルを変更すると、検索エンジンや
リンクしてもらっているホームページへの連絡の
手間がかかるうえ、せっかくのリピーターが
離れていってしまう可能性があるからです。


ここでは、これはNG!!
というタイトルの例を紹介します。

これだけは避けてタイトルを考えましょう。



@ ○ ○ 's ホームページ

最悪です(苦笑)。ここにはあなたの名前が
入ったりします。このようなのは無数にあります。
ということは、個性がないということです。

また、内容が人目で全くわかりません。
あなたが有名人なら別ですが・・・。


A ○ ○ のホームページ

ここには固有名詞「パソコン」「ゲーム」などが
入ります。内容は大まかには理解できますが、
まったく個性がなく、インパクトがありません。


B ○ ○ と △ △

検索エンジンでは、この「と」が入ると
検索の結果を全て表示してしまいます。

例えば、「ギターとベース」のタイトルなら
この両方を含むタイトルが全て表示されます。

このようにタイトルに接続詞を入れる場合は、
ちゃんと検索されるかチェックしてからがいいです。


C ○ ○ _ △ △

半角スペースが入ったタイトルです。
これもBと同じように、両方の言葉に
検索が引っかかります。


今日はここまで。


ランキング参加中です!

このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。
みなさんの応援クリックがとても励みになります。

⇒ ネットビジネスブログランキング

クリックありがとうございますm(__)m

posted by ジュン at 10:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

トップページはシンプル、かつ見やすくが大事


今年も明日が最後の大晦日!
今日は昨日から地元の友達と、忘年会で朝まで飲み、
そのあともうだうだと遊び、さっき帰ってきました。
明日は大晦日ですが、お酒はちょっと・・・、という
ぐらい飲みました。お酒もほどほどがいいですね。

★☆-----------------------------------------------------☆★
この不況を乗り切るために今すぐ手を打つべきです!
初心者でも可能な本物の不労収入、
本物のネット資産を得るために↓
eBookSecret ネットビジネス第3市場
★☆-----------------------------------------------------☆★


トップページには、余計なものやたくさんの画像や
イラストはできるだけ置かない様にしましょう。

そうしなければ、そのサイトは何のサイトなのかが
訪問者にとって分かりにくくなる可能性が高く
なるため、すぐに他のサイトに飛んでいってしまいます。


というのが、前回の内容でしたが、
今日はその辺をより詳しく説明します。


「3秒」で訪問者はそのサイトを

「この先見る価値があるサイト」

「気になるサイト」

かどうか見極めます。


ですから、必要な情報をぎりぎりまで絞り込む
必要があります。

そうすることで、訪問者のメリットを第一に考えている
という姿勢が自然とそのサイトから伝わってきます。

トップページはそのホームページの顔という話を
しましたね。ですから、第一印象を重要視しましょう!


トップページに必要最低限のものを
以下に記載しておきます。参考にしてみてください。


@タイトル

タイトルはサイトの印象付けに大きな意味を持ちます。
じっくり時間をかけて作りましょう。

そしてやや大きめのほうがインパクトが強くなります。


Aメニュー(サブページへのリンク)

できるだけテキストリンクで表示することを
お勧めします。見た目をよくするために画像を
使いがちですが、画像の場合表示が遅くなるので
時間がかかってしまうからです。


Bコンテンツの説明

そのコンテンツの簡単な説明を表示しておくと親切です。


Cニュース

情報系でニュースを扱う場合は、ニュースの題名か
ダイジェスト版を置いておくといいでしょう。


D更新履歴(What's new)

日付、その題名くらいはトップページに置いておいても
いいと思います。


あと、気をつけることはサイトの幅です。
横が長すぎると、サイトを操作しづらくなります。
サイドバーを使って縦に動かすのは、苦にはなりませんが、
横に動かすのは面倒ですから。

また、縦の幅もあまり長くならないようにしましょう。


今日はここまで。


ランキング参加中です!

このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。
みなさんの応援クリックがとても励みになります。

⇒ ネットビジネスブログランキング

クリックありがとうございますm(__)m

posted by ジュン at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

仕事でミスをしたときの対処法



今日もまた精神的な話を少し。


いろいろな会社や組織、さまざまな取引相手との
関係でどんな会社も成り立っています。

したがって、どんな会社の社長でも頭を下げなければ
ならない相手がいて、その取引先から叱られます。

いまだと、消費者に頭を下げている社長が多くいますが、
平社員よりも、テレビに出たりして顔をさらすので
精神的ダメージは計り知れないでしょう。


みんな程度は違えど同じように叱られます。


誰でも叱られれば落ち込みます。
人はミスを犯すものですし、失敗も
多々あるでしょう。


しかし、落ち込んでいないで、私たちは
みずから叱られたショックから立ち上がらなければ
なりません。そのためには、叱られた事実よりも、
そのプロセスを冷静に見つめ、叱られるに至った
原因を把握し、ミスを繰り返さないようにすることです。


人に励まされたりすると思いますが、最後は
自分で解決し、心を整えていく必要があります。

何が悪かったのかという客観的事実を見つめる
ことが大事です。


ミスがあれば、それを自分の問題としてとらえ、
素直に反省し、原因を見つけて解決できれば、
それはあなただけのかけがえのない財産になるでしょう。



ランキング参加中です!

このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。
みなさんの応援クリックがとても励みになります。

⇒ ネットビジネスブログランキング

クリックありがとうございますm(__)m

posted by ジュン at 09:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

トップページが画像やイラストだけになってる?

さあ、今年も残りあと4日!!
やり残したことはありませんか?
私は・・・大掃除がまだです・・・。
部屋がちらかっていて、何から始めたらいいか。
まー、今日頑張ります(汗)

★☆-----------------------------------------------------☆★
この不況を乗り切るために今すぐ手を打つべきです!
初心者でも可能な本物の不労収入、
本物のネット資産を得るために↓
eBookSecret ネットビジネス第3市場
★☆-----------------------------------------------------☆★

前回から、トップページの重要性について
話をしてきました。

自己満足的な、画像やイラストがいっぱいのトップページが
必ずしもアクセスアップを見込めるようになる
トップページではないということです。


トップページが画像やイラストだけになっているサイトは
ぱっと見きれいな感じでいいですが、そのサイトが何の
サイトなのかという、具体的な情報が少なくなってしまいます。

そんなトップページを見た訪問者は

「なんだかこのサイト、よく分かんないな」

と、他のサイトに飛んでいってしまいます。


ですから、ホームページのトップページは、
表紙としての役割ではなく、目次・メニューとして
の目的にしたほうがいいでしょう。

アクセスアップにとっては、トップページには
必要最低限の情報をおけば充分です。

イメージではなく、コンテンツで勝負!!


そして、トップページのファイル名は

index.html もしくは index.htm

にしましょう。


今日はこの辺で。


ランキング参加中です!

このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。
みなさんの応援クリックがとても励みになります。

⇒ ネットビジネスブログランキング

クリックありがとうございますm(__)m

posted by ジュン at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(2) | アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

サイトを見てもらうにはトップページが超大事!!


今年も残すところ今日を含めてあと、5日!
年末の予定は決まってますか?年始の予定はどうですか?
おいしいものをいっぱい食べて、満足のいく年末年始を
楽しみたいと思います。

★☆-----------------------------------------------------☆★
この不況を乗り切るために今すぐ手を打つべきです!
初心者でも可能な本物の不労収入、
本物のネット資産を得るために↓
eBookSecret ネットビジネス第3市場
★☆-----------------------------------------------------☆★

前回は、サイト作成時にターゲットを決めた後、
サイトのコンテンツ量をどうするかについて
お話しました。


サイトのテーマを深く扱うのか?
それとも浅く広く扱っていくのか?

メリット、デメリットを交えて説明してきました。


今日はサイト作りの中で、一番重要といっても
いいであろうサイトの顔、

「トップページ」についての話です。


重要だからと言って、時間をかけて作りこむという
ことではありません。
画像やいろんな色をたくさん使いたい気持ちは
わかりますが、アクセスアップの観点から見ると
あまり効果はありません。

場合によっては逆効果になることもあります。


アクセスアップのためには

「最初の3秒でサイトの内容がわかる」

トップページが目標です。

逆に言えば、多くの訪問者は最初の3秒で
あなたのサイトが面白いかどうか、
ためになるかどうか判断するということです。


では、どのようにすればアクセスアップに
効果的なトップページを作ることができるのでしょうか?


次回から、その点をお話していこうと思います。



今日はこの辺で。


ランキング参加中です!

このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。
みなさんの応援クリックがとても励みになります。

⇒ ネットビジネスブログランキング

クリックありがとうございますm(__)m

posted by ジュン at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

サイトの情報量・質を決めていく


年の瀬も迫ってまいりました。来週は休みに入り、
今日が今年の仕事納めの方もいるのではないでしょうか?
一年の締め、ラストスパートで頑張りましょう!!

★☆-----------------------------------------------------☆★
この不況を乗り切るために今すぐ手を打つべきです!
初心者でも可能な本物の不労収入、
本物のネット資産を得るために↓
eBookSecret ネットビジネス第3市場
★☆-----------------------------------------------------☆★

前回はサイト作成の際に気をつけておくこと

「ターゲットを決める」

ということについて、話をしました。


誰に向けてサイトを作るかを考えながら進めていくと、
どうような内容のサイトがいいのか、想像が
しやすくなります。


今日はその作成するホームページの内容量

「情報量」

について話をしていきます。


例えば、コンピュータ関連の場合、幅広く浅く扱うと
テーマは「コンピュータ」そのものになります。

狭く深く扱うと、テーマを特定のソフトや
周辺機器にすることもできます。


ようするに、サイト内の情報量の多さ・情報の質は
テーマによって変わってくるということです。

テーマの幅を決めることによって、作る側から見ても
訪問者の側から見ても、そのサイトが何を発信している
のか伝わりやすいサイトになります。


【総合型】

・テーマを広く扱う形のホームページ
・深い知識でなくても平気
・扱えるネタが多いので、更新しやすい
・いったんアクセスが増えれば、どんどん増えていく
・いろいろなところに宣伝が必要


【専門型】

・深いテーマを扱うホームページ
・深い知識が必要
・深い知識がないと更新しにくい
・アクセスに限界がある
・宣伝しやすい


これらのことを考慮してサイト作りを
考えていきましょう!


今日はこの辺で。


ランキング参加中です!

このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。
みなさんの応援クリックがとても励みになります。

⇒ ネットビジネスブログランキング

クリックありがとうございますm(__)m

posted by ジュン at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

あなたのサイトを誰に見せたいのか考えるべき


今日はクリスマスですね。欧米では今日の朝、
クリスマスツリーの下のプレゼントをみんなで
開けて、のんびりした朝を過ごす家庭が多いようです。
一年に一回のイベントだけになんだかワクワクしますね。

★☆-----------------------------------------------------☆★
この不況を乗り切るために今すぐ手を打つべきです!
初心者でも可能な本物の不労収入、
本物のネット資産を得るために↓
eBookSecret ネットビジネス第3市場
★☆-----------------------------------------------------☆★

前回は、ホームページの種類について知ることで、
どのようなテーマでサイトを作っていけばよいか、
戦略がたてやすいというないようでした。



次のステップは、あなたのサイトを誰に
見てもらいたいかを考えることです。


つまり、ターゲットを定めるということです。
誰に見せるのかを意識することによって、
サイト作りがしやすくなります。


・初心者・上級者向け

情報系のサイトがターゲットの場合は、
コミュニケーション型は難しいです。掲示板などで
たくさん質問が来てしまう恐れがあるからです。

そこで、FAQや基礎についての内容説明を作って
あげるといいでしょう。

また上級者向けでは、より高い情報性が求められるため、
情報交換ができる掲示板などが人気になります。


・子ども・高齢者

子どもをターゲットにする場合は、ボタンなどに
イラストを使ったら意、色に原色を使うと、子どもの
目を引きやすく有効です。

一方、高齢者の場合は、文字のサイズを大きめに設定、
または変更可能にしたり、高齢者が認知しにくくなる
黄色や青は避けたほうが無難です。


・男性・女性

女性には、背景の色やイラストなどの配色に
工夫しましょう。一般的に黒っぽい色は女性に
嫌われます。


・職業

仕事で使うようなサイトの場合、見やすいサイトの
構造に気を配りましょう。不要なイラストや
カラフルな色使いは必要ありません。


今日はここまで。



ランキング参加中です!

このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。
みなさんの応援クリックがとても励みになります。

⇒ ネットビジネスブログランキング

クリックありがとうございますm(__)m

posted by ジュン at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

クリスマスを違った視点で考えよう



今日はクリスマスイブですね。

今日の話はそんなクリスマスにちなんだお話を
いていこうと思います。


日本ではクリスマスというと、カップルで外食をして
きれいな夜景を見て・・・。

という考えが強いですが、これでは彼女・彼氏のいない
人が家族と過ごすのは、情けないことだという
気にさせられてしまいます。


しかし、本来のクリスマスとはどのようなものか
考えたことがありますか?


もちろんキリストの生誕をお祝いして、というのが
おおもとですが、今では欧米諸国はお祝いもありますが、
家族でゆっくり過ごすというのが目的になっています。


普段は親元を離れ仕事をしていたり、自分の家庭を
持っていたりしても、この時期になると、みんな
クリスマス休暇を取って、家族で集まります。


今夜クリスマスイブは、家族でちょっと豪華な夕食を
家庭で取ります。

そして次の朝、クリスマスツリーの下のプレゼントを
みんなで開けて楽しむのが多くの家庭で行われている
光景でしょう。


その目的と言うのは

「お互いに感謝しあう気持ち」

そして、家族の絆を確かめ合う日でもあります。


プレゼントというのは、その気持ちが形として
現れただけです。


ここ数年、プレゼントやクリスマスの計画が
先行しているようであれば、このクリスマス精神を
思い出すと、今年は一味違ったクリスマスを
過ごすことができるかもしれませんよ。


Merry Christmas and Happy Holidays!!



ランキング参加中です!

このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。
みなさんの応援クリックがとても励みになります。

⇒ ネットビジネスブログランキング

クリックありがとうございますm(__)m

posted by ジュン at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

ホームページの種類を把握してサイト構想を練る

明日はクリスマス・イブですが、平日ということもあり
今日の休日にお出かけする人も多いでしょうかね?
街に出ればいろんなイベントがやっているようなので、
外に出てクリスマス雰囲気を満喫してみましょう!!

★☆-----------------------------------------------------☆★
この不況を乗り切るために今すぐ手を打つべきです!
初心者でも可能な本物の不労収入、
本物のネット資産を得るために↓
eBookSecret ネットビジネス第3市場
★☆-----------------------------------------------------☆★

前回は、たくさんのコンテンツを、いらないもの、
ジャンルに絞れるものなどして、コンテンツを
減らしていく方法を説明しました。


コンテンツをジャンルに絞って、テーマ分けをして
できるだけシンプルなホームページを作ることが
大切だと言うことです。


今日は、そのホームページについて話をしていきます。

ホームページの種類は、いくつかに分けることができます。
それを知ることで、自分のサイトがどの種類のサイトなのか
把握することで、今後対策を立てやすくなってきます。


@ 情報系

・ニュースや説明、論文、評論など(このブログはこれ)
・オリジナルの情報(あなた独自の情報)があると強い
・コンテンツを充実させることが大事


Aコミュニティ系

・掲示板、チャットなど(2チャンネル系)
・常連が付くまでに時間がかかる
・掲示板やチャットの管理・運営が大変


B発表・展示系

・論文、イラスト、小説など
・需要がすくないためにアクセスは伸びにくい


Cステーション系

・リンク集、検索エンジンなど
・情報量が重要
・大掛かりな場合、システムを構築する必要もある
・情報の管理が大変


Dその他

・ショッピングページ、案内ページ、ゲームなど

E共存型

@〜Dが共存しているサイト

F融合型

・@〜Dが融合しているサイト
・サイト作成が難しい


個人運営のホームページは情報と掲示板の共存型が
多いのが特徴です。

理想としては、需要が多く、管理やサイト更新が
楽なホームページを作っていくことが
アクセスアップにつながります。


今日はここまで。



ランキング参加中です!

このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。
みなさんの応援クリックがとても励みになります。

⇒ ネットビジネスブログランキング

クリックありがとうございますm(__)m

posted by ジュン at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

テーマをどんどん絞ってサイト作成を考える


昨夜はサッカーのクラブ世界一を決める
トヨタFIFAクラブワールドカップの決勝でしたね。
イギリスのマンチェスター・ユナイテッドとエクアドルの
リガ・デ・キトの対戦は1-0でマンUの勝利!!
途中10人になったのに、結局勝っちゃいました、マンU。
やっぱり実力が違うんですかね〜?

★☆-----------------------------------------------------☆★
この不況を乗り切るために今すぐ手を打つべきです!
初心者でも可能な本物の不労収入、
本物のネット資産を得るために↓
eBookSecret ネットビジネス第3市場
★☆-----------------------------------------------------☆★

前回は、ジャンルを絞ってコンテンツの数を
減らしていきましょう!

という内容でした。

ジャンルが多いまとまりがなく、あなたのサイトの
特徴がはっきりしなくなります。

心を鬼にして、いらないコンテンツは
減らしていきましょう!!


さて、今日はたくさんのコンテンツをいくつかの
ジャンルに絞る方法について説明していきます。

まずは、テーマに分けていきましょう。

テーマのないホームページは訪問者にとっては、
何のホームページなのかわからないので、
リピーターになってくれる率はかなり低くなります。


テーマに分けたら、そのテーマごとにそれぞれ
独立したホームページを立ち上げる方がよいでしょう。



すなわち、1テーマに1ホームページですね。

テーマを絞ってシンプルなホームページを作っていく
という姿勢が大切です。


テーマの絞り方も、ジャンルが大きすぎると
よくわかりません。

英語のサイトにしても、「入試向け」なのか
「英会話」なのかはたまた「留学」用のサイトなのか?

と、その中でもカテゴリーを絞っていくと
具体的になってきます。

またこの中からさらに、「留学向け」サイトなら
どこの国に留学するのかでも内容が違ってきますね?


このように、テーマを明確にしていくことで、
ホームページのタイトル、サブタイトル、カテゴリー
など連動して統一性のあるホームページが
自然に出来てくるわけです。


まずは、テーマをできるだけ絞っていきましょう。





ランキング参加中です!

このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。
みなさんの応援クリックがとても励みになります。

⇒ ネットビジネスブログランキング

クリックありがとうございますm(__)m

posted by ジュン at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。